土地の活用法を考えよう

土地の有効活用をしてみる

土地の有効活用をしてみる 土地を持っているというのに、何にも使う事なく、ただの空き地になっているのはもったいないものです。
せっかく土地があってもただの草むらになってしまうようでは、土地を無駄に使っていることになりますので、有効活用できるようにしたほうがいいでしょう。
しかし有効活用するためには、いろんな不安もあるものです。
アパート経営などをすれば、家賃収入が期待できるようになりますが、初期投資にお金がたくさん必要になります。
初期投資費用をたくさんかけたというのに、経営に失敗してしまえば、その費用を取り戻すことが出来ません。
初期投資をほとんどすることなく土地の有効活用をしたいのであれば、駐車場経営などをするようにしてみるといいでしょう。
駐車場経営であれば、初期費用はほとんど必要ありません。
経営に失敗したとしてもすぐに更地にすることも出来ますので、いろんな不安を抱えているのであれば、駐車場経営から始めてみるようにするといいでしょう。

土地は必要に応じて測量してから購入

一戸建て用地を購入する場合、売買に出されている土地の面積が正確なのかどうかを確認しておくことが必要になります。
大型の土地を分筆して宅地分譲しているような場合には、比較的最近測量が行われている場合が多く、面積が正確なことが多いですが、大昔に分筆されたような土地の場合には、境界があいまいなことも多いので、しっかりと測量をしておくことが重要になります。
購入後に近隣の所有者の方と境界問題でトラブルになってしまうような可能性もあるので、十分に注意が必要になります。
きちんと測量されている土地を購入するのが一番ですが、あやしいような宅地を購入したい場合には必要に応じて自分でプロの業者に依頼して測定してもらったほうが安心でしょう。
ついでに購入してしまう前に、近隣との境界がどのようになっているかをしっかりと確認してから契約を行ったほうが、後々のトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。
不動産業者から色々と聞き取ることがとても大事です。