土地の活用法を考えよう

今こそが土地の売買で儲けるタイミング

今こそが土地の売買で儲けるタイミング 今こそ土地を売り買いして儲けるタイミングです。
なぜかというと、現在は首都圏や都市部の人気が上がり、それにより、価格が上がります。
他方で、非都市部では人気がなく地価が下がっている傾向です。
都市部では人気が上がって地価が上がっていく傾向にあります。
そういった意味で土地がさらに高くなる前に土地を安い時期に買っておき、投資目的で保有する。
賃借でも良いです。
最近は全部丸投げで、請け負う業者があります。
そこに任せてもいいです。
東京においては、オリンピックがあるので、地価の上昇が見込まれます。
今のうちに購入した方がいいとも考えられます。
他方で、非都市部においては、人口減少による地価の下落が起きています。
子々孫々に残す必要性がなく、地価が下がりつづけることが、予測される場所なら、今こそ売った方がいいかもしれません。
もちろん、自分の目自分の頭で考える必要はあります。
価格が1000万とかの売り買いなので、安直に判断しないでください。
自分で調べて、わからないことは専門家に相談しましょう。

住宅用土地の売買にかかる手数料の節約方法

土地の売買にかかる手数料のうち不動産仲介業者に支払う手数料は上限が法律で定められています。
仲介業者はこの上限を請求することが一般的です。
しかし、これは交渉の余地がありますので、仲介を依頼する時点で割引の話し合いをしてみるのは良い節約方法です。
また、買主は売買後土地の移転登記をしなければなりません。
これは司法書士に依頼するのが普通ですが、所有権移転登記は自分でも行うことが出来ます。
司法書士に支払う手数料を節約できます。
管轄する法務局には相談窓口があり、自分で申請する人の相談に乗ってくれます。
またインターネット上にも自分で登記申請した人の体験談が多く乗っており、参考になります。
移転登記の申請書も法務局で入手できるので必要事項を記入し、売主に捺印してもらい、3か月以内の印鑑証明書と売買契約書の写し、その土地の固定資産評価額がわかる書類など必要書類をそろえて申請します。
登録免許税はを収入印紙で納付します。
収入印紙は郵便局で購入できますが、金券ショップで額面より安く扱っているのでこれを利用すれば節約になります。
売買契約書に貼る印紙も金券ショップで手に入れれは安く済みます。